カテゴリ:東欧( 3 )
kiyomi
2007年 01月 18日   voyage de noce 〜ブラチスラバ&ブダペスト〜
6日目 〜12月8日(金)〜

朝ウィーンを出てスロバキアの首都ブラチスラバへ。
この日もとってもいい天気!

まずはブラチスラバ城
d0027448_21343516.jpg
四隅に塔があって、遠くから見るとテーブルをひっくり返したような形と言われているそう。
現在、建物の中は博物館になっています。
ここから見下ろす風景がまたキレイでした☆



その後は旧市街の市内観光。

聖マルティン教会
d0027448_21524086.jpg
ハンガリー王の戴冠が行われたそうです。
尖塔には冠が乗っかっています。





d0027448_22049.jpg



前方に見えるのはミハエル門



この脇の路地を曲がってフラヴネー広場へ行くと、ここでもクリスマスマーケット♪

d0027448_2212249.jpgまわりの素敵な建物は各国の大使館などで、日本やフランスの大使館もありました。
マーケットの真ん中には買ったものを食べられるようにスタンドが設けられていました。
でも、どの屋台を見てまわっても、食べ物のお店は、お肉やソーセージ、玉ねぎをパンに挟んだボリュームたっぷりのハンバーガーか、くるくるに巻いたクレープ&シュトゥルーデルのどちらか…。


d0027448_22252769.jpgそんなわけで、くるくるクレープを食べました。種類はいくつかあって、私が食べたのはクルミのプラリネが塗られていました。甘くてクルミのコクもあって、なかなかおいしかったです^^






広場に面した教会に入ると、内装はキンキラして豪華でした。礼拝中だったので人がいっぱいで、少し後ろで立って見ていたくらい。


d0027448_223233100.jpg
d0027448_2232567.jpg

街中には↑こんな像やこんな看板も。


そして…d0027448_22355280.jpg
このレトリバー!! 
まだ子供なんやと思うけど、すごく毛並みもキレイやし、
顔もとっても美人さん☆(男の子かもしれやんけど…)
めちゃめちゃかわいい♪
一緒にお散歩していた女の子もちょっと照れててかわいかった^^




レストランで昼食をとってハンガリーブダペストへ。

予定より早く着いたので夕食前にゲッレールトの丘へ。d0027448_22594172.jpg
左側の建物が王宮、右側の橋がくさり橋
ブダペストの夜景は本当にとても美しい!!! 
世界一美しいと言われ、ドナウの真珠と讃えられています。
でも写真がうまく撮れなくて残念。。。





7日目 〜12月9日(土)〜

ブダペストは、ドナウ川を挟んでブダ地区、ペスト地区の2つに分けられ、さらにオーブダ地区の3つに分けられます。

d0027448_224508.jpg
まずくさり橋を通ってブダ地区にある王宮へ。


d0027448_23352486.jpg





王様が狩りをしている像があって、そこには猟犬の姿も。かわいい♪


d0027448_2316579.jpg




マーチャーシュ教会
修復のために足場が組まれていたのが残念…。
モザイク模様の屋根が印象的で、内部も天井、柱ともに幾何学模様が施されていて、カトリック教会じゃないみたい。じつは、16世紀にトルコ軍によってモスクに改装されたんだそう。もっとゆっくり見学したかった…。



d0027448_23311888.jpg

すぐそばにある漁夫の砦
1896年の建国100年を記念して作られたものだそう。
ここからの眺めも最高です☆





またくさり橋を通ってペスト地区へ。
d0027448_2243876.jpg
英雄広場
建国1000年を記念して建設された広場。ここからドナウ川に向かってアンドラーシ大通りがのびていて、2002年に世界遺産に登録されたそう。




d0027448_22491546.jpg
聖イシュトバーン大聖堂
ブダペストで一番大きな聖堂で、こちらも建国1000年を記念して約50年もかけて造られたそうです。ネオルネサンス様式で、すごく豪華でした。
この日、世界的に有名なサッカー選手が亡くなったらしく、ここでも追悼式かなにかが行われるようでした。未だにそれが誰だか分かりません。。。



そして、この大聖堂の前の広場で、ちょこっとムーちゃんに似たわんこがお散歩していました。
d0027448_2255499.jpg
夢中で写真を撮っていたら、飼い主のおじさんが抱っこして写真を撮らせてくれたんです^^
別れ際「バイバ〜イ」と手を振ったら、彼に「コラ!」と怒られた…(+ +)
バスの中で添乗員さんが、
「ヨーロッパでは狂犬病の接種は任意のため、していない犬がいるので絶対に触らないでくださいね」
と言っていた矢先で、私がなでなですると思い、いきなり怒られたという訳です。。。
添乗員さんも私のことを心配そうに凝視していたらしく、そのことでも怒られ…


この日の昼食は中華料理。
彼はかなりお米が恋しかったらしく、すごく喜んでいました。
私は全然食べたいという気持ちがなかったにもかかわらず、実際食べ始めると
日本米ではないお米でもすごくおいしく感じました^^;


午後は自由行動。

まずは、トカイワインを買いに。
トカイ地方で造られる貴腐ワイントカイ・アスーは、フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼとともに、世界3大貴腐ワインの一つなんだそう。
ルイ14世が絶賛したそうです。
d0027448_23421359.jpgd0027448_23434050.jpg

トカイワインのみを扱うトカイ・ワインケラー
地下にあるお店は、ワインセラーみたいで素敵☆




お店のおじさんもいい人で、試飲もさせてもらえました。
1〜6までのランクがあるとのことで、3ではけっこう甘さすっきりやったので5を購入。
彼には甘過ぎたようやけど、私にはとってもいい感じ^^



中央市場d0027448_235821100.jpg
ブダペスト最大の市場。モザイク模様の外観がキレイです。
土曜日は午前中までしかやっていなかったので、とりあえず写真だけ撮りに行きました。
フォアグラとかいろいろ買い物したかったなぁ。。。残念。




ヴルシュマルティ広場でもクリスマスマーケットが開かれていて、すっごい人、人、人!!全然お店を見て歩けなくて、途中で断念。d0027448_0253259.jpg
そしたら、ここハンガリーでも”くるくる”発見!あまりにもうれしくて、バニラとキャラメルの2つ購入。でも、生地はあまり甘くなくてもっちり。プラハのが全然おいしいです。。。


そして、楽しみにしていたカフェジェルボーへ♪
d0027448_039854.jpg
エリザベート(シシィ)が愛したカフェです。ブダペストで一番の高級カフェらしいけど、ウィーンとかに比べると安いです。フォリント万歳!!
店内はけっこう広くて客席も多いけど、お客さんがすごく多くて満席状態。店内の装飾も素敵です☆
d0027448_0444919.jpgd0027448_1173029.jpg









ケーキもボリュームがあって甘さもしっかり、素朴な懐かしい味わいでおいしかったです。
ハンガリーでお菓子を買うならここしかない、という思いでお土産もいろいろ買いました。d0027448_0491069.jpgd0027448_1225322.jpg









クッキーなどの焼き菓子の詰め合わせも洗練されていない感じがかえってかわいい。ウィーン(ドイツ?)菓子のキプフェルみたいなヘーゼルナッツのクッキーも。
d0027448_0561342.jpg
トカイワインを使ったボンボンも。これは2粒入り。
あと、タブレットも買いました。







この日の夕食は、前日に行ったゲッレールトの丘にあるレストランで、ハンガリーの音楽や民族ダンスを見ながらディナー。
その後は、ドナウ川のナイトクルーズ★
d0027448_182532.jpg
でも、雨が降っていて寒かった…。
それでも、せっかくなので屋根のあるデッキに出たまま約1時間。
めちゃめちゃ奇麗でした!!!
それにしても、もっとキレイに撮れるデジカメが欲しいです。。。



8日目 〜12月10日(日)〜

ついに最終日。
帰りは19時25分の飛行機やったので、15時半まで自由時間♪
同じツアーのもう一つのグループは早朝の出発やったそうなので、すごくラッキーでした^^
ホテルの近くの駅から市電に乗ったはいいけど、降りる駅を間違えてだいぶ歩くことに。でも、清々しくて気持ちよかったから、これで良かったデス^^
橋を渡ってペスト地区へ。
d0027448_225940100.jpg
橋の上からドナウ川とともに見る街並はなんとも言えない素晴らしさ!
ドナウ川の向こうに見えるのが国会議事堂
中はキンキラでとっても豪華絢爛なんだそう。





d0027448_2355964.jpg
橋を渡ったすぐにあったお花屋さん。
売ってたリースがとってもかわいくて欲しかったナ…。






d0027448_239532.jpg
西駅
右端に写っている建物の中にはマクドがあって、なんでも内装は世界一豪華なんだとか。この後に、別のちっちゃい普通のマクドに入ってしまい、もったいないことをしてしまった…。知ってたら入ったのになぁ。




d0027448_2317646.jpg
国立オペラ座
入り口から中にちょっと入ってみただけやけど、ウィーンやパリほど大きくなく、けっこうこじんまりとした大きさでした。





すぐ近くにあるカフェムーヴェースに入りました。
d0027448_2323455.jpg

d0027448_2325075.jpg内装はアールヌーボーの落ち着いた感じで、居心地よくてステキでした☆
でも、ショーケースに並ぶケーキは着色料もすごいものがあって、なんというか古い時代のケーキという感じ。私には珍しくこれと言って「食べたい!」というものがなかったんです…(+ +;


d0027448_23293322.jpgでも、そんな中から選んだのがコレ。マロンクリームの下には生クリームがたっぷり。でも、いかにもの植物性の口当たりと味でくどくて、マロンクリームも全く味がない(ーー; でも、残すのは私としては許されない行為なので、一緒に頼んだダブルミルクのコーヒーをかけて頑張って食べました。。。きつかった(><)




ハンガリー出身の音楽家といえば、フランツ・リスト
d0027448_23541595.jpg彼の名がついたリスト広場でも、小規模やけどクリスマスマーケットが開かれていました。この周囲にはたくさんのカフェがあるらしいけど、日曜日やったからなのか、どのカフェも営業しているような雰囲気はなかった…。

d0027448_23574119.jpg


リスト像
ピアノの魔術師と言われるリスト。
この髪を振り乱している感じがなんだか新鮮です^^



d0027448_015957.jpg
そしてそして!!ここでも”くるくる”屋台を2軒発見♪
プラハのとも前の日に食べたのともまた違う。
生地は甘くないけどまわりがカリッとしてて、まわりのグラニュー糖もたっぷり、シナモンもほどよくてとても美味しかったです! プラハのが一番好きやけど、こっちのほうが大きくてうれしい^^;




集合時間まで時間もあとわずか。ホテルまで歩いて帰ることにしました。
そしたら、遠くのほうからかけ声が聞こえてくる…しかもだんだん近づいてくるのです…
d0027448_0144876.jpg
この寒い中、サンタさんの帽子をかぶった裸の集団がワイワイ言いながら走ってきました(* *) 中には女性もいるし、子供も後ろからついて走ってるし。訳が分からず見ていると、横断歩道に来ると道の真ん中で止まってみんなで手を取り合ってくるくる回ったり、跳ねたり…。
私としてはもっと間近で見たかったのに、彼は「危険」やと思ったのか、反対側の道路に避難させられてしまいました…残念。でも、貴重なものを見せてもらったというか、すごく楽しませてもらいました(^ー^;



帰りの飛行機もパリ経由。
ほとんど時間もないのに、添乗員さんの「チーズ」という言葉に反応し、
彼に急かされながらもシャルル・ド・ゴール空港で興奮してチーズを買い込んでしまった。。。


旅行に行く前は、東欧はめちゃめちゃ寒いもんやと思って、思いつく防寒対策を準備して旅行に臨んだのに、いざ行ってみると暖かかった。
いつもなら雪も降っているとのことなのに、今年のこの暖かさは例外なんだそう。寒さに弱い私には有り難かったけど、せっかく買った耳ほっかもほとんど出番ナシ。
でも、ダウンはショート丈やったから助かりました★


あと、今回の旅行でも、やっぱり英語は大事やな〜と実感。
私にとっては外国語=フランス語となりつつあるので、情けないことに「イエス」「サンキュー」さえも出て来ず、「ウィ」「メルシー」などなど…が口をついて出てきてしまった。。。(T T)
ドイツ語もチェコ語もマジャル語も分からへんし。
とはいえ、英語よりもフランス語が話せるようになりたい、という気持ちは変わりません^^; そうそう、まずはフランス語!! 

次の旅行はイタリア&フランスと決めています☆★☆
[PR]
kiyomi by panna310 | 2007-01-18 00:26 | 東欧
2007年 01月 07日   Voyage de noce 〜ザルツブルク&ウィーン〜
4日目 〜12月6日(水)〜

いよいよ憧れのザルツブルクです☆
ザルツブルクとは、「塩の城」という意味で、岩塩が特産品だそうです。
すごく雨が多い街らしいけど、この日は晴天♪

d0027448_18441217.jpg
まずは「ドレミの歌」の舞台となったミラベル宮殿&庭園
庭園にはギリシャ神話にヒントを得た石像があって、花の季節に来たらキレイだろうな〜とちょっと残念。



d0027448_1942877.jpg

ミラベル庭園から望むホーエンザルツブルク城









d0027448_1923587.jpg
モーツアルトハウス
モーツアルトが1773〜81年まで住んでいたという家。
道路を挟んだ向こう側から見たのみで、その後カラヤンの住居も見ながら、旧市街地へ。



d0027448_19334069.jpg
そして、これがモーツアルトの生家
このお家の4階で誕生し、↑の家に引っ越すまでここに住んだそう。
中の展示は少し抽象的な部分もあって、思っていた感じとは違いちょっとがっかり。
でも、写真なんかではよく見るモーツアルトの生家を実際にこの目で見る事ができて感激!



d0027448_1955670.jpg

この前の通りは看板がとても美しいゲトライデガッセ
このマクドは一番古いものだそう!
一見マクドの看板とは分からない…。
日本のもこんなに素敵なら入ってしまうかも!?



d0027448_20013100.jpg


ザルツブルク大聖堂
モーツアルトが洗礼を受けた大聖堂には、ヨーロッパ最大級といわれているパイプオルガンがあって、モーツアルトもオルガン奏者をつとめたそうです。
この前で開かれているはクリスマスマーケット☆







この後の自由行動は40分くらいしかなかったので、クリスマスマーケットは諦めました(T T)
d0027448_20554765.jpg

まず走ったのは絶対に行きたいと思っていたフュルスト


d0027448_20575898.jpg






よくモーツアルトの顔が描かれた丸いチョコレートを見るけど、このモーツアルトクーゲルンの元祖のお店がここ。ちょっとお高くはなるけど、どうしても食べたかったんです。
中央にマジパン、まわりはプラリネ。正直味に期待はしていなかったんやけど、それを見事に裏切ってくれておいしいのです☆

d0027448_2117677.jpgカーディナルシュニッテン
そろそろケーキに飢えていたので、テイクアウト。
ウィーンへ向かうバスの中で、ザルツカンマーグートののどかな景色を見ながら食べました(^0^)


こんなこともあろうかと、スプーンやフォークを持って来ていたにもかかわらず、バスのトランクの中…かぶりつきました。
生地もクリームもふわっと軽くておいしかった〜〜
d0027448_23495788.jpg
ザルツブルクの市場で売っていた
りんご。ハートのマークがかわいい!





18時半頃ウィーンに到着。
夕食前のほんの30分だけ、クリスマスマーケットに行けました。
d0027448_21445227.jpg
楽しみにしていたのが、このウィーン市庁舎前のクリスマスマーケット
d0027448_2148362.jpg買おうと決めていたのが、クリスマスツリーのオーナメントと、キリスト誕生の置物。
時間はないし、駆け足でお店を探しました。
持ち帰られるようにあまり大きくないものを、私にしてはかなり短時間で購入。
思っていた値段はお家だけの値段で、全部込みやとけっこうな値段…。
このくらいのお家なら作れそうやけど。。。ウィーンのクリスマスマーケットで買ったということに意義があるんです!! 玄関に飾ってます。
そしてお菓子とか食べ物を買っていたらあっという間。
この後食べた夕食を考えると、その時間をクリスマスマーケットに使いたかった(><)
d0027448_2273613.jpgこんなでかコルネみたいなのもありました。大きいわりにとっても軽い!中はすごく甘いメレンゲ。おいしいというわけでもなく…でも、オーブンで温めてみたら食べやすくなりました。



5日目 〜12月7日(木)〜
大本命のウィーン♪♪♪

d0027448_23284825.jpg
バスでリンク内を一周して市内観光の後、シュテファン寺院へ。


大きすぎて写真に入りきらない…。寺院の塔では、世界で3番目の高さだそうです。少し修復?してたのが残念。
中にもはいったけど、全然時間がなくてほとんど見られず、あまり覚えていません(; ;)




そして、ハプスブルク家の夏の宮殿シェーンブルン宮殿へ。
d0027448_22415555.jpg
マリア・テレジアが好んだというマリア・テレジアンイエローの外観。
モーツアルトが6才の時に初めて御前演奏した場所です。
確かこの時にモーツアルトがマリー・アントワネットに「お嫁さんにしてあげる」って言ったんやっけ。
猫脚の家具とか、天使とかパステルカラーの壁紙とか、めちゃめちゃ私好みでここでもテンション上がりました!
庭園にはやっぱりお花は咲いてなくて、春に来てみたい。

宮殿の前でもクリスマスマーケットがたっていました。
宮殿は老朽しないように今でも住居や保育所などの施設として使われているとのことで、ちびっこがいっぱい来ていました♪
みんなめちゃめちゃかわいい!!!
d0027448_23482812.jpg
屋台で買ったかわいいソフト型のお菓子。中は甘〜いホイップクリームがたっぷり詰まってます。




d0027448_23103441.jpg



この日の昼食はウィンナーシュニッツエル
皿からはみ出すほどの大きさ!
マヨネーズが欲しくなります…。




ウィーンではコンディトライやカフェ巡りも楽しみのひとつ!
パリで語学学校の先生にアルザスに行くことを話した時、ウィーンのお菓子はおいしいから、と行く事をすすめられてもいて、ますます行きたいと思ってたんです。

行きたいお店はいっぱいある、でも自由時間は限られてるし…ということで、
「欲しい!」と思ったら悩まずにどんどん買う!
とセレブ買いを強く決心していました。
そしてかなり行くお店を厳選しました。
またまた彼に地図を渡して効率よく連れて行ってもらいました。
私にしてはどのお店でもすごく早く決断して買っていたつもりなのに、
彼には「遅い!」と怒られ、お店の外から睨まれては圧力をかけられ…(T ^ T)
でも、私自身申し訳ないという気持ちもあるので反発もできず、
「はい。」「はい。」「すみません…」とちょっと大人しくしてました。
そうやってまわったお店は。。。

d0027448_0123139.jpgすっごく気に入ったかわいい雑貨屋さんディ・フェアミッシテ・ヴォーレンハンデル
どれもこれもめちゃめちゃかわいい♪ツリーのオーナメントとメモ帳を買いました。このお店にはまたいつか行きたい!!



ショコラーデン ヴェアクシュタット
d0027448_021182.jpg
2006年1月にできたばかりのまだ新しいチョコレート屋さん。オーナーは20代後半の女性だそう。店内はゆったりとしていてキレイ。ディスプレイもかわいくてセンスいいです。店員さんも感じがよかった^^



ハイナー
d0027448_15515570.jpg
1840年創業の皇室御用達店。
最初に行ったコンディトライやったから興奮し、あれもこれも…と。一つ一つのお菓子を丁寧に包装してくれるからうれしんやけど、その分時間もかかってしまって彼の目が痛かった。。。
ここでも店員さんは感じのよい方でした^^

d0027448_15521817.jpg




カフェで食べる時間もないのでテイクアウトしたヴィーナーメーデルトルテ
卵リキュールを使ったオリジナルだそう。実は夜からオペラ鑑賞があったので、食べたのはホテルに戻ってから。クリームがだれちゃってかわいそうなことをしてしまった。。。(T T)
でも、この甘さは私好み♪おいしかった〜


ゲルストナー
d0027448_16154977.jpg1847年創業の老舗店。ここも皇室御用達店の由緒あるカフェ・コンディトライです。オペラ座や楽友協会のビュッフェなんかもここのものだそう。マカロンもありました。お客さんが次から次へと来て、なかなか声をかけるタイミングがつかめなかった。。。(´Д`)

d0027448_16215686.jpg
アプフェルシュトゥルーデル
絶対これは食べようと思っていたので、このお店で目に留まったので購入。ほんとはいろんなお店のを食べ比べしてみたかったな…。これは次の日に食べたので、生地もしな〜っとしてしまってました。でもシャキシャキの甘酸っぱいりんごがたっぷりで、ボリューム満点!甘さは控えめ、あっさりです。私にはちょっと物足りない甘さかも。
d0027448_16263993.jpg
シュトーレンも買いたいと思っていたもの。一番小さいものにしました。クリスマスが過ぎたというのに実はまだ食べずにとってあるんやけど、包みの外からでも甘〜くていい香りがするんです。リボンがかわいい♪





オーバーラー・シュタットハウス
d0027448_16394189.jpgウィーンといえばここも外せません!店構えも素敵です☆ここでもお客さんはいっぱいいたけれど、今度はうまいこと声をかけることに成功。カフェも人がいっぱいで、今度来る時はカフェでイートインしたいです。。。小ちゃいパネトーネやなんちゃらブロートなども購入。

d0027448_16452986.jpg

クレームシュニッテ
これがすごく食べたかったんです!!バター感がリッチなパイ生地にクリームがたっぷりはさまっていて、でも軽いからペロッと食べれちゃうんです。これも長時間持ち歩いてしまったから、見るも無惨な姿ですが…(-”-;)

d0027448_16505539.jpgマカロン
パッケージのかわいらしさもあって前々から買うことは決めていたので、ゲルストナーでは買わなかったんです。ショコラ、ヘーゼルナッツ、カフェ、ピスタチオ、フランボワーズ、レモン、クランベリーの7種類。パリで修業したらしいです。生地はカリッとちょっと固め、クリームはなかなかおいしかったです。でも、やっぱりマカロンはパリのがおいしい。



アイーダ
d0027448_1942682.jpg
チェーン店とのことで、ウィーンのいろんな所で見かけました。なんでも、バウムクーヘンを作るのはこことオーバーラーのみ、しかもシュガーコーティングのものはここだけだということで、バウムクーヘン目当て。シュガーコーティングとチョココーティングを買いました。
店員さんにカードで支払いたいと言ったら、嫌な顔をされてレシートを投げられた。。。怖かったので現金で払いました(-_-#)


近くにちょうどビラというスーパーがあったので
チョコレートやハチミツ、バターを購入。



アルトマン&キューネ
d0027448_19161830.jpg
伊勢丹でクリスマス時期にケーキと一緒に限定販売されていて、そのパッケージのかわいさに以前からずっと気になっていました。どうせなら本場ウィーンで買いたい!ととても楽しみにしていたお店の一つ。店員さんはとても親切で、いろいろ見せてくれました。


d0027448_19412425.jpg
せっかくならこんな引き出しの付いたタンスみたいなのが欲しくて、思い切って買っちゃいました(≧∇≦)しかもピンク♪(でも帰って来て情報収集してた雑誌を見たら、全く同じものが載っていた…)
上の段には小ちゃいボンボンショコラが入っています。下の段は普通サイズ。2段とも小ちゃいものやと、少しお高くなります。
飾っておくだけでうれしくなります(*^▽^*)



ショコラーテ ケーニッヒ
d0027448_1944321.jpg
なんと以前は、皇室御用達の老舗ボタン屋さんだったそう。そのため、とても落ち着いてシックな店構えで素敵でした。チョコレート職人は、ザッハーやデメルで製菓長をつとめた方らしいです。パッケージで迷っていたら、店員さんが試食をさせてくれました^^


d0027448_2073459.jpg
ちゃんと包装されていてかわいいので、まだ開けられずにいます。
中はコーヒー味のスティックチョコレート。
試食した時は、一番苦手なはずのコーヒー味が一番おいしくて食べやすかったのでこれに。





デメル
d0027448_20131572.jpg
やっぱり本場デメル行っておかないと!ヴィトンやシャネルが並ぶ通りにあります。店内は観光客がすごく多くて、日本人もたくさんいました。

d0027448_20175433.jpg


そして、ザッハートルテは食べておきたいのでテイクアウト。でも生地がちょっとパサついてるように感じたんやけど、それは次の日の朝に食べたからかも…。ホテルザッハーのと食べ比べたかったのに失敗。

d0027448_20231449.jpgデメルといえばパッケージもすごくかわいいから一つ買おうと思ってたのに、どれもかわいくて、クリスマス限定パッケージのボンボンショコラの詰め合わせ(なんと2段!)と、女の子のパッケージにも一目惚れ。手前はタブレットで、冬限定のものとパッケージ買いしたもの。





ザッハー
d0027448_20331692.jpg
オペラ座のすぐ近くやし、カフェでもゆっくり食べたかったので、オペラの時間まで過ごしました。さすがにすごい人で、外まで列ができていました(* *)15分か20分くらい待って店内へ。


d0027448_20405831.jpgアプリコットジャムの甘みと酸味がしっかりきいていて、とてもおいしかったです☆たっぷり添えられた生クリームをつけて食べると、まろやかになってさらにおいしい!エリザベートはデメルのほうが好きやったらしいけど、ザッハーはさすがにおいしいです。ザッハーでも買い物すればよかったな〜。お手洗いも素敵でした☆

d0027448_20463661.jpgd0027448_20465811.jpg
私が頼んだのはアイスカフェー。まるでパフェみたいで嬉しい!!濃厚なコーヒーが少しと、その上にバニラアイス、生クリームがたっぷり〜(≧∀≦)気に入りました♪
彼はマリアテレジアを注文。コーヒーにオレンジリキュールが入ってます。このリキュール、ほんのりきいているのかと思ったらけっこうきつくて、私には飲めません。。。


こうやってみると、ほんとたくさんまわりました。
なんとか手提げ袋2つにまとめたものの、かなりの量に(+ +)
しかも、ザッハーのカフェでいそいそと荷物の整理をしていた恥ずかしい日本人は私です…。

お菓子はウィーンに懸けていたので旅行の時は必死やったけど、
後で、「彼に悪かったな…」と反省。。。
私は楽しかったし満足やったけど、彼はすごく疲れたみたいです…ごめんなさい(ノ_・。)



d0027448_2123967.jpg
でも、ちゃんと観光スポットもまわりましたよー。
ペーター教会の内部はすっごく素敵やったし、これはどうしても外せなかったブルク公園内のモーツアルト像!!この写真ではモーツアルトは分かりにくいけど、別にちゃんと一緒の写真も撮りました☆像の前はト音記号の形にお花が植えられているはずやけど、この季節はやっぱり淋しいです。





そして夜は国立オペラ座にてオペラ鑑賞♪
d0027448_2194798.jpg

演目は、シュトラウス「ばらの騎士」という楽劇。
もともとの目的は、モーツアルトのオペラを観ることやったんですが。。。
オペラ初心者なので、「フィガロの結婚」か「魔笛」
でも、ツアーやから仕方ない(-”-;)
演目が分かっていたらその日に合わせて申し込んだのにな〜
d0027448_2118068.jpgでもこの日の出演者はすごく良かったらしく、当たりやったそう。
日本でいうところのNHKもきていたようです。
肝心の席は2階のボックス席。後ろやったから、壁でステージの半分が見えへんし、前の人が動くたびに見えたり見えなかったり…。
でも幕と幕の間にはラウンジへ行ってシャンパンを飲んだり(彼が)、ちょっと優雅な気分を味わえて楽しかったです(^ー^)


それにしても、全然時間が足りない!!
まだまだ行きたい所がわんさかあるんです。
ウィーンもまた絶対行くぞーーー!!!
[PR]
kiyomi by panna310 | 2007-01-07 21:55 | 東欧
2007年 01月 06日   Voyage de noce 〜プラハ&チェスキー・クルムロフ〜
ずいぶんと日が経ってしまいましたが、慌ただしい日々もようやく落ち着いたので、新婚旅行で行ったチェコ・オーストリア・ハンガリー・スロバキアのレポートを。。。
”フランス行きたい病”の私がなぜ東欧に??
なぜなら、2006年がモーツアルト生誕250周年やったから!
ミーハー!? いやいや、違うんですよ〜!
ウィーン&ザルツブルクは、エジプトと張り合うくらい、幼少時代から行きたいと強く思い続けていたところなんです。

「この先フランスには私一人ででも何度も行くに違いないし…」

なんて考えで、せっかくなら記念すべき2006年にオーストリアへ!!と私の独断で決定★
(エジプトは彼に反対され続けているので、いつか一人で行きます!きっと感激のあまり号泣するに違いありません。。。^^;)


1日目 〜12月3日(日)〜
9:35成田発の便やったため、3時起き。
交通費削減のため、2時間以上かけて成田へ向かいました。
今回は新婚旅行ということもあって添乗員さん付きのツアーに参加。
エールフランスでまずはパリへ。

機内では、隣で彼はひたすらゲーム&寝る…私はガイドブックやプリントアウトしてきた資料を広げ、自由時間に行きたいお店の最終チェックとシミュレーション。そんなガリガリと必死な私の姿を見てか、ガイドブックを広げ始めた隣の新婚さんカップル。後ほど、
「いろいろ資料を見て調べてるから、音楽をされてるのかなと思ってたんです。」
と言われた私は、
「いえ、全部お菓子屋さんなんです…」
と応えることに。。。恥


d0027448_1340416.jpgシャルル・ド・ゴール空港に着いただけで興奮気味の私。

かわいい子供もたくさんいました☆


d0027448_13404628.jpg



乗り継ぎの飛行機が遅れていたため、かなり空港で待つことになったけど、
夜9時頃にプラハに到着★





2日目 〜12月4日(月)〜
モーツアルトといえばプラハも外せません!
まずはプラハ城へ。
d0027448_1438537.jpg
この後、城壁の中に入って聖ヴィート大聖堂へ。
中にはミュシャのステンドグラスがあったけど、あまりよく見えないまま外へ…残念。

d0027448_1451181.jpg

プラハ城から見たプラハの街並み

中世の面影を残す街並みは、重厚感があってうっとりです。




次に向かったのはカレル橋
d0027448_15155755.jpg

プラハが誇る最古の石橋は、ゴシック様式でこれまた重厚感たっぷり。







橋の欄干には30体もの聖人像が並ぶそうやけど、
その中で触るとお願い事が叶うという像もあって、私も例に漏れず、
その像のわんちゃんをなでなでしてきました。
みんなが触るから、そこだけピカピカ!


午後からは自由時間♪
行きたいお店をいくつかチェックしてあったので、彼が地図を見ながら効率よく連れて行ってくれました。(いつもこのパターン。。。)

ヴァーツラフ広場でもクリスマスマーケットを開いていて、そこで食べたパン?お菓子?がめちゃめちゃおいしかったんです〜!!
d0027448_1601742.jpgd0027448_1604079.jpg









パン生地みたいなのを棒にくるくる巻いて焼いていました。
少しもっちりした生地のまわりには砂糖がかかっていて、カリッとしてて優しい甘さでおいしい!今でもこの味が忘れられません…。
旅行中も「”くるくる”ないかな〜?」とずっと言い続けていたのは私です…。
日本で屋台を出そうかと思うほど!
私が叶姉妹なら、これを食べるためだけにまたプラハへ行くのに。。。!!


そして、チェコと言えばビール!
彼も私もお酒には弱いけど、せっかくやから飲まないわけにはいきません。
1499年創業という老舗のビアホールウ・フレクーで夕食。
d0027448_16224629.jpg席に着くと黒ビールを運んで来てくれました。もっとコクがあるものやと期待してたけど、こんなもん!?
隣に写っている小さなお酒がめっちゃきつくて、心臓バクバク&頭ふらふら><
でも店内ではアコーディオンの演奏があったり、大衆的でとってもいい雰囲気!
彼もとても気にいったようです^^



プラハではカフェに入る時間もなく、ケーキもパンも食べられなかったのが心残り。
でも、彼も「プラハの街並がすごく好き」やということなので、
またプラハには絶対に行きたいと思います!!



3日目 〜12月5日(火)〜
バスでチェスキー・クルムロフへ。
d0027448_16571469.jpg

1992年に世界遺産に登録された街並みは、中世の時代そのままで、ため息がでる美しさ。
街の中をヴルタヴァ(モルダウ)川が蛇行しています。
d0027448_1741984.jpg

小さな街は、パステルカラーのお家が並んですごくかわいい!
めちゃめちゃ私好みの建物がたくさんありました。
今まで知らなかった街やけど、すごく気に入りました。


d0027448_1744459.jpg



お土産屋さんもこんなにかわいい!







この後、広場に”くるくる”屋台発見!!食べたかったけど、チェココルナが残ってなくて泣く泣く諦めました。d0027448_17123067.jpg
その代わりに買って食べたのが、スコリツエン?というパンケーキのようなもの。グラニュー糖とシナモンがたっぷりかかっています。



この後はバスでザルツブルクまで移動。
着いたのは暗くなってから。
この日の夕食は、修道院を改装したという古いレストランシュティフスケラーでモーツアルトの演奏を聴きながらのディナーです。
d0027448_17323639.jpg
ところで、この日はサン・ニコラの日でした。
途中、サン・ニコラとクランプスという西洋版ナマハゲが登場し、そのナマハゲのターゲットにされました…(><)
こういうの怖いんです、ダメなんです私!!
本気で泣きそうになりました。。。
立ち寄ることはできなかったけど、夜のザルツブルクのクリスマスマーケットは素敵でした☆
[PR]
kiyomi by panna310 | 2007-01-06 12:54 | 東欧