カテゴリ:フランス留学( 33 )
kiyomi
2005年 07月 06日   新しい生活へ
約1時間ほどの遅れで朝8時半頃、成田に到着。
帰ってきました、日本国。
朝にパリのお家を出たのに、朝に着いたのがなんか変な感じ。

当たり前やけど、見る人見る人日本人。耳に入るのも日本語。
今はまだパリ、フランスが恋しくて、日本に帰ってきたことが
うれしいような、淋しいような…複雑な気持ち。
そんな私の気持ちを慰めてくれるのは、フランスから連れてきたお菓子たちなのかも。

私の先に帰国したお友達は、揃って、
「帰国後は変な脱力感がある。パリにいたことが夢なんじゃないかって思う。」
って言ってた。
私は帰国前からそんな気持ちになるのが怖くて、憂鬱になったりしてました。
今日はまだ帰国したてでそんなこと考える余裕もなかったけど、
そんな風にふと思ったりする日がくるのかなあ。。。
でも私は確かにパリという街で3ヶ月間生活していたし、
それをしっかり頭に、心に刻み付けておきたいのです。

日本に帰ってからの生活は、もちろんパリにいる時とは全く変わってしまう。
そして、パリに発つ前の日本での生活ともガラっと変わってしまいます。

日本での現実をしっかり受け止めて、パリで私が一生懸命になれた事たちを
日本で生かすことができたらどんなにか幸せだろう、と思うのです。
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-07-06 22:13 | フランス留学
2005年 07月 05日   新たな旅立ち
本日の13時15分発のエールフランスで日本に帰国します。

結局2時間ほどしか眠れず。。。
少し早めの出発をと、昨日、ムッシュー フランソワに8時半にタクシーを
予約してもらったのです。(現在、マダムはバカンス中らしく、代わりに業務をこなしてくれてる人なのです。…息子!?)
miyaちゃんが表までお見送りに来てくれました。
寒い中、15分ほど遅れてタクシー到着。

最後の最後に、わたし…ぼったくられました。
とっても良さそうな人やったんです。しかも隣にはわんちゃん乗せてたし!
乗ってすぐくらいにメーターがすでに13ユーロ。。。
「?? おかしい。。。!?」と思いつつも、来てもらったから高いのかも?と
考えたり、(そんなわけないが…)なかなか言い出せませんでした。。。
しかも、最後になんかトラブったら怖いな、と思い、結局ポルトマイヨーまで
18ユーロ支払いました。
来た時には、もっと道に迷ってうろうろされたけど、それでも10ユーロやったのに…。
後で考えれば考えるほど悔しくて、なんで言わなかったんやろ!!って
自分にも腹がたちます。
でも、そんなの考えてももう仕方ないので、こう思うことにしました。

あのお金はわんちゃんへのチップ!! ごはん代よ!!!

これでちょっとはすっきり。

ポルト マイヨーからはエールフランスバスで空港に。
渋滞にも巻き込まれず、無事到着。
早めに着きすぎてしまい、しばらくボーっと突っ立ってました。

そして、1番緊張する瞬間。
空港でスーツケースを量ったら…25キロ弱!!
  セ・ラ・カ・タ〜(T□T)
来た時の23キロよりも軽いかも、なんて思ってたのに。
私の「見逃して〜〜」という目の訴えなど全く通用セズ。
とりあえず、手荷物として5キロほど出すように言われたので、
大事な大事なクールバッグと、最後に一応1本だけ買ってみたワインを出したら…
いきなり19キロ!!

そう、このクールバッグには買った板チョコの中でも、とりわけ厳選した
大事な子たちがわんさかいるのですよ。そしてエシレバターさんも。
すでに手荷物として持っていたフェルベールのコンフィチュール&お菓子たち。
この二つで10キロ以上の重さはあったはず。
こんなの持って免税店巡りなんて気力もなく、おとなしく椅子に座っていたのでした。

d0027448_20413490.jpg
d0027448_20421394.jpg









機内では通路側にしてもらってたので、お隣さんに気を遣うこともなく快適でした。
そしてそして、行きに食べ損なったセルフサービスのアイスクリーム♪
アイス探しの旅に行ったら、2時〜3時の間しかないと言われ、
その頃に行ってみたら、今はシートベルトして座ってるように、と注意される私。。。
いい大人がアイスのために…ハズカシイ。

そして、無事ハーゲンダッツのアイスをGET★
パリで一度食べるも、ニューヨーク生まれやと知り(勝手にベルギーあたりやと思ってたのです)、帰国まで食べない!と決めていたハーゲンダッツ。。。
ちっちゃいけど、やっぱりおいし〜。
2本食べるも満足できず、また行ったらもう無くなってました。。。
あ、食べ放題じゃないのね。。。(++;

そして、ほかの人が食べるカップヌードルの匂いに、心揺さぶられる私。
ムショーに食べたくなってしまったのです。
…これまで食べちゃいました(苦笑)

なんだか機内ではやけに食べたなあ。。。
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-07-05 19:52 | フランス留学
2005年 07月 03日   ひきこもり
今日は1日中、お家の中で過ごしました。
外に出たのは、用事を済ませるために2回だけ・・・。
と言っても病んでるわけではなく、仕方なく (泣)

そうです、帰国のための荷造り。
ブログの更新(アルザス食い倒れ紀行)にもけっこう時間をとってしまったのですが・・・。
ああ~荷物が多すぎて大変です(; ;)
 荷物=お菓子
コンフィチュールやチョコペースト、全部で17個ありました。。。板チョコが25枚弱。
コンフィチュールなどの瓶ものはいくつか送ることにしたのですが、
他にもバターやチーズやら、重いくせに送るのは難しいものばかり(T◇T)
私、あほかもしれません・・・(><)
とりあえずは、瓶が割れないで日本の私の元へ届いてくれることを祈ります。

d0027448_8172953.jpgすでに郵便局で一番大きい箱を3個買ったのに、明日もう1個買い足そうかと悩み中です。。。
ますます貧乏街道まっしぐら!
明日は朝から郵便局に通う予定なのですが、重い荷物持って、3~4往復くらい・・・!?
・・・(T□T)!!
かなり憂鬱になってきました。。。郵便局がもっと近かったらいいのにー!
集荷サービスというものはないんでしょうか??


そして明日は、最後に大好きな場所をまわるつもりです。
それでもって、何を食べよう??
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-07-03 07:36 | フランス留学
2005年 06月 29日   夢の村ニーデルモンシュヴィル
今日はコルマール
そして、ついに私の夢が叶う日!!

そもそも、私がアルザスに行きたいと思ったきっかけはここにあります。
フェルベールのコンフィチュールを知ったのはいつになるやろう・・・?
どうしても食べたくて、ネット通販で手に入れたコンフィチュール(アルザスの森のいちご、グリオット、マンゴー)。あまりの美味しさに恐ろしく感激した私。
それからです、私がコンフィチュールにはまり出したのは・・・。
会社の研修でもコンフィチュールについて企画発表したり(苦笑)

それからも新宿の伊勢丹で買ったりはできたけど、
「いつかメゾン・フェルベールに行って、コンフィチュールを買おう!」
と夢のように思っていたのです。


ニーデルモンシュヴィルのお店へ行くには、コルマールからバスかタクシーで行くという情報のみ。早めにホテルを出て、コルマールへ向かったけれど、やはりバスの本数が少ない。
そこで、再び電車でチュルクハイムまで行って、そこからバスかタクシーで行こうということになりました。チュルクハイムは、これまたとってもかわいい町でした。
d0027448_2219296.jpg

キレイな川の流れや山の感じ、おいしい空気・・・実家のある田舎を思い出します。
どこか、日本の田舎を思わせるところなのです。

インフォメーションでお姉さんにバスの時間を聞くも、やはりコルマールと一緒。
地図をもらって話を聞くと、どうやら村まで2キロ、歩いて30分らしい。
「歩いても行けるんちゃう!?」
てことで、いざ出発です!

今日もとっても暑い・・・しかも、一面ブドウ畑の中をひたすら登っていくのです。d0027448_22201993.jpg

なんだか小・中学校の遠足を思い出すな~。
でも、ブドウ畑に囲まれてハイキング(笑)なんてなかなかできません!

坂道を登りきって、下り坂にさしかかった頃、民家が見えてきました。


も・・・もしや!?


坂道を下りながら、暑いはずなのに、なぜか全身鳥肌が立ってきた私・・・。
ほんと、これには自分でもびっくり(苦笑)

そして、ニーデルモンシュヴィルの標識☆
d0027448_22212484.jpg

見つけた時の感動といったら!!


さらに歩き進めて行くと、動物としての勘でしょうか・・・?それとも私に備わった本能??
「ち、近づいてる・・・この近くにお店がある!!」と言う私。

d0027448_22234052.jpg
d0027448_22263611.jpg



・・・ありました(笑)
私の興奮が最高潮に達したことは言うまでもない。

見たもの全部が欲しくなるー(><) “グルニエ買い”をしてしまう私。
(※京都のパティスリー、グルニエ・ドールに行った時の私の買い物の仕方。平均5千円は使ってしまうのです。私一人が食べる分なのに・・・。)
買うはずのなかったものまで、あれやこれやと買ってしまった・・・。
でもやっぱりショコラは諦める(; ;)

コンフィチュール(ミラベルのコンポート、バナナ&オレンジのチョコクリーム←これは今月の商品、ノエルのコンフィチュール)、クグロフ(シュガーパウダーが別添えなのがうれしい☆)、パン・デピス、クッキー詰め合わせ、クロワッサン・オ・ザマンド、ショコラの代わりにとエクレア・ショコラd0027448_22341173.jpg
d0027448_22344291.jpg
d0027448_22351183.jpg
d0027448_22353968.jpg

d0027448_2373315.jpgそしてフェルベールさんの著書。
帰国後、これを見てジャム作りに励むのです★







フェルベールのコンフィチュールは、甘いジャムが赤い水玉ラベルで、
お料理なんかに使うコンフィなどは緑の水玉。
・・・なんですが、この後ストラスブールの3つ星レストラン直営の食材店で黄色い水玉ちゃん発見~!!上のがそうです。 
商品は赤いラベルのものと同じ内容でしたが、このお店オリジナル?珍しい!!と思い、
つい買ってしまいました・・・。
色がかわいい “アルザスのキャロット”。これも初めて見ました。


あ~幸せ♪ なんとも言い様のない充実感に包まれました。
そして、この後しばらく異様なテンションの高さが続く・・・。

d0027448_2237963.jpg

村もとってものどかでかわいくて、とっても大好きになりました。
今回、やっぱり私は田舎が好きなんやということに改めて気づきました。




チュルクハイムに着くと、いきなり大雨。
d0027448_22391948.jpg

雨宿りしながら、先ほど買ったエクレアを食べました。ガッツリしたシュー生地に、もったりとしたチョコクリーム。
おいしかった~ (*^-^*)




そして再びコルマールへ戻りました。 駅から15分くらい歩いて中心街へ。

d0027448_2313322.jpg
d0027448_2314376.jpg

コルマールはほとんど戦災に遭っていないらしく、「これぞアルザス!」といった古い町並みが多く残っています。ストラスブールよりもこじんまりとしていて、よりかわいい感じ♪
d0027448_23284555.jpg

今回の旅行で、コルマール出身の画家アンジのイラストのファンになった私は、
ポストカードを購入。




そして忘れてはいないお菓子屋さん巡り。
と言っても、フェルベールで満足している私。もともと1、2件しかチェックはしていなかったのですが・・・。
Jean:ジャン(6,pl. de l'Ecole 68000 Colmar) でリンツァートルテを購入。

d0027448_2254582.jpg
d0027448_22552436.jpg


d0027448_22562355.jpgそして、アイスクリームを食べる♪
バナナコアントロー・オレンジ
オレンジピールがごろごろ入っていて、ほのかにアルコールが感じられて美味しい!
コーンも他のお店より薄くて、暑い日でも食べやすくて
Bien!!
かなり美味しいアイスでした☆



今日は3回も急に大雨となりました。“ニ度あることは三度ある”とは言うけれど・・・。
コルマールでの雨は、まるで大型台風がやってきたようでした(++)
そういえば・・・私が作った「てるてる坊主」効果なし!?!?
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-06-29 08:08 | フランス留学
2005年 06月 28日   いざ、お菓子の聖地へ!!
東駅7時44分発の電車でストラスブールに行く・・・はずでした。
ところがハプニング発生のため、3時間後の電車に乗ることになってしまった・・・。
5時起き&3時間睡眠で臨んだ私。
ずっと前から心待ちにしていただけに、出だしからいきなり大きなショック!!
めちゃめちゃ悲しい気分になってしまいました(; ;)
しかも、乗った電車は調子が悪かったらしく、しばらく徐行運転。
絶対にマラソン選手のほうが速い!!ってほど(**)


4時間半ほどかかって、ついに到着しました!ストラスブール★
d0027448_2294518.jpg
予約してあるホテルは少し中心街から離れているため、予定変更して、チェックインせずに早速お菓子屋さん巡りをすることに♪ 観光は後です、あと!!

今回ストラスブールでチェックしてあるお店は6件。

まずは Christian:クリスチャン(10,rue de l'Outre 67000 Strasbourg) 発見!
d0027448_22123180.jpg

ここは、市内に2店舗あるうちの、本店。シックな店構えでした。
暑いので、店先で売っているアイスクリームを食べることに。
d0027448_20521577.jpgプラリネバジル&フランボワーズ。バジル&フランボワーズは一番人気があったから食べたんやけど、私にはフランボワーズだけでいいなぁ・・・。

d0027448_2054173.jpg後で、もう一店舗のクリスチャンでコンフィチュールを購入。
4ユーロもしない安さに、思わず2つ買ってしまう私。。。
Mure Sauvage(野生ブラックベリー)、Kumquat(キンカン?)。



次に Epice et Chocolat:エピス・エ・ショコラ(5,rue du Temple Neuf 67000 Strasbourg)。
d0027448_20544541.jpg

ここは、後に出てくる ティエリー・ミュロップの2号店で、パン・デピスとショコラの専門店なのです。

ランゴ・デピス(クラシック)、ピスターシュのフィナンシェ、コンフィチュール(フィグ)、そしてビール好きのミュロップさんが地元のメーカーと共同開発したという、カカオ豆のビールCriolosを購入。d0027448_20551596.jpg
d0027448_20592876.jpg

普段ビールなんて飲まないのに、「カカオ豆」というだけで飛びついてしまうあたし・・・。

少し歩くと、 Naegel:ネゲル(9,rue des Orfevres 67000 Strasbourg)が。
d0027448_2104391.jpg
広々とした美しい店内には、ケーキやショコラ以外にもパンやお惣菜パンがいっぱい!
今は、何を買おうかチェックだけ。

そして、ノートルダム大聖堂を外から写真撮影。すっごく大きくて全部入りきらない!
圧巻!!(**)
しかも、ゴシック様式とはいえ、よく見るとあまりにゴテゴテしすぎな気も・・・(笑)
d0027448_2122193.jpg
でも、赤色砂岩で造られたという大聖堂、天気によって色の見え方がまったく違うのです。
これには驚きました。


感動はこのくらいにしておいて(笑)、そそくさと次のお店 Thierry Mulhaupt:ティエリー・ミュロップ(18,rue du Vieux Marche aux Poissons 67000 Strasbourg)へ。
d0027448_213561.jpg

ここのケーキにはちょっと洗練された印象を受けました。
おみやげには持ち帰れない生ケーキをテイクアウト。近くの広場のベンチで食べました。
このために私、ちゃんとフォーク&スプーンを持ってきたのです♪
私は「テニスボール」というケーキを食べました。
d0027448_214373.jpg
中はバタークリームのような、生クリーム(と言っていましたが・・・?)にフランボワーズが。思っていたより重いケーキでした。


一度ホテルにチェックインした後、夕食を食べに再び中心街へ。
この時、トラムという路面電車に乗りました。
メトロと違って景色も見えるし、なんだか近代的でキレイな乗り物★

レストランを探してふらついてたら、いつの間にかプティット・フランスに・・・。
d0027448_22104336.jpg

明後日ゆっくり観光するつもりやった、楽しみにしていたところです。
とってもかわいい!!おとぎの国のよう~。

アルザスといえば!シュークルート!!
これが食べたかったんです、私。
かわいい小さなレストランで、シュークルートとタルト・ロニオンを注文。d0027448_216733.jpg
d0027448_2164546.jpg

すっごいボリューム。。。(**; 
タルト・ロニオンはとろっとろで、すんごく美味しかったです☆
残すことができない私なので、頑張って食べました・・・最後に残ったじゃがいも。


明日はコルマール。そして、ついに・・・!!
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-06-28 06:10 | フランス留学
2005年 06月 19日   感動の対面・・・!?
今日はいよいよ憧れ続けたモン・サン・ミッシェル★

またまたバスの中では爆睡・・・suzuちゃんに起こされて目を開けると、
いきなり窓の外にはモン・サン・ミッシェルの姿が!!
d0027448_754769.jpg

なんとあっけない。。。


おみやげ物屋さんが軒を連ねる通りを登って、僧院へ。
もっと登山のごとくひたすら登るものかと思っていたけど、思っていたよりも早く上まで辿り着きました。英語のガイドさんに案内されながら、僧院内を見学。
d0027448_84203.jpg

フランス語に対応しようと頑張っている私の脳に、いきなり乱入の英語。。。


d0027448_8143262.jpg昼食には名物巨大オムレツを食べようとしたけど、暑くて食欲もなく、しかも高いのでやめました。。。
ガレット・ブルトンヌが私のお昼ごはん。
かなり大きくて満足!

この写真を撮っていたら、おばあちゃん二人に
爆笑された私。。。


d0027448_8175788.jpg

ちっちゃい子供もたくさんいて、
この男の子にはよく会いました。







モン・サン・ミッシェルを取り囲む海岸で遊んでいた女の子。
d0027448_8201499.jpg





d0027448_8211964.jpg








かわいかったな~。



帰りは6時間かけてパリへ。。。
モン・サン・ミッシェルでおみやげに買ったガレットを、バスの中に
忘れてきてしまった私(; ;)  疲れた体にさらに追い討ち・・・。
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-06-19 07:47 | フランス留学
2005年 06月 18日   ディナン&サン・マロ
今週末は学校のエクスカーションに参加。
ずっと行きたかったモンサン・ミッシェル、それにおまけ(?)として付いてきたのが
このブルターニュ地方の2つの街。

今回も朝7時集合のため、睡眠3時間の私はバスの中では爆睡・・・。
なので、途中の風景はほとんど分かりません(苦笑)
きっと、田舎道が続いていたはず。

ディナンコロンバージュと呼ばれる木組みのお家が特徴ある街。
d0027448_6354495.jpg



d0027448_6231868.jpg石畳の通りには15~16世紀の古い家が立ち並び、工芸品などのアトリエも多くありました。散策するにはちょうど良い、こじんまりとしたかわいい街。とっても気に入りました☆





d0027448_638323.jpgまた、城壁の一部も残っていて、まるで「天空の城ラピュタ」みたい。。。。









今日は夏のような暑さ。・・・ということもあり、これが私の昼食。
d0027448_6404547.jpg
d0027448_7244556.jpg

いつも選んでしまう(suzuちゃんにも指摘された・・・)マロングラッセバナナ
そしてプロフィットロール
プロフィットロールは、砕いたシュー生地が凍ることによっていい感じの食感になってて美味しかったです。


d0027448_727554.jpg他にも変わったフレーバーがたくさんあって、決めるのに一苦労・・・(**) 50種類くらいはあったんとちゃうかなぁ。。。?
できることならまた行きたい!!







次に向かうは海の男たちの町、サン・マロ。  今日の宿泊地。
よく知らないんやけど、カナダの発見者ジャック・カルチエや、海賊シュルクス、シャトーブリアンも過ごした地らしいです。
d0027448_6525087.jpg

久しぶりに海を見た気がします。海水浴を楽しむ人でいっぱい。
気持ちよさそ~。だって、ほんとに焦げちゃいそうな暑さやったんですよ・・・。

d0027448_6543319.jpg
海でなく川と山で育った私。
でも、帰国したら「江ノ島に行こう!」と
決めました(笑) 
海の色は全然違うけど・・・。






旧市街にはおみやげ屋さんもたくさんあって、観光客であふれていました。

d0027448_752017.jpg

サン・ヴァンサン大聖堂はけっこう大きな教会で、ステンドグラスがとっても綺麗でした。










そして夕食。 そう、ブルターニュといえばガレットです!
先生が事前調査に励んでくれたのか、けっこう美味しいと有名なお店のよう。
私はもちろん、甘いクレープに♪
d0027448_792677.jpg

キャラメリゼした洋ナシとバニラアイスにチョコレートソース、その上からラム酒を・・・ラム酒をどばーっとかけてフランベ。か、かけすぎじゃありません!?まるで「ラム酒漬け」!!
私、これ食べて酔っ払っちゃいました。。。(++;

こんなはずでは・・・(泣)
(実はその前に街中でみた久々のパフェに心奪われていた私・・・。)
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-06-18 06:07 | フランス留学
2005年 06月 04日   友との別れ。。。
今日の16時のユーロスターでヴィヴァリーがロンドンに帰ってしまいます。

もうしばらく会えなくなるので、12時にテュイルリー駅で待ち合わせ。
すぐ近くのカフェでお茶をしながら1時間程おしゃべりしました。
d0027448_2374273.jpg彼女は昨日あげたプチカドーを喜んでくれ(お姉ちゃんありがとう!)、イギリスの石鹸をくれました。
これがキウイのとってもいい香り☆
今度は私が日本から持ってきた即席の味噌汁をあげると、これまたとても喜んでくれました。
「口に合わなかったら食べなくていいからね。」って言うつもりやったのに、イギリスでも健康食として紹介されていて、彼女も美味しいと言ってました。
よかった(*^-^*)

その後、預けてある荷物を取りに滞在先のホテルへ。
きっと荷物が多くて大変やろうから、最初から私も一緒に駅まで
お見送りに行く予定でした。
「知らなかった!」と驚く彼女。だって、その間もおしゃべりできるしね★
お世話になったというフロントのおじさんに私を紹介してくれると、
なんと彼は日本語を少し話してくれました!!
そして日本語のテキストも見せてくれたのでした。
これにはヴィヴァリーもびっくり(**)

そのまま北駅へ向かいました。
最後に、デジカメのビデオで私へのメッセージを録らせてもらうことに。
いろいろしゃべってくれたのに、メモリー切れで半分しか録れなかった。。。(> <)
私のパカパカ!!(今日二人の間ではやった言葉。 クラスでは“バカ”ではなく
“パカ”ってことになっているのです:笑)

いつの日になるやら、新婚旅行にはイタリア&スペインと決めている私。
今日、それにイギリスが加わりました☆
そして、近いうちに必ず、suzuちゃんと二人でヴィヴァリーに会いに行こう!!

ヴィヴァリーと別れてとっても淋しくなった私は、癒しの場所サン・シュルピス教会へ。
今日も礼拝堂で天井画をずっと見上げていた私です。


そして今日は、18時にnoriさんのお家にお呼ばれしていました。
お腹も空いていたので、それまでに6区のBOULANGERIE VERGNE
(48,rue Madame)へ。
クロワッサン・ブールを買ってベンチで食べました。d0027448_3323931.jpgd0027448_3321061.jpg









やはりバターの味がしっかりします。
端っこなんてほんとにサクサクでちょっとしたお菓子のよう。
1枚1枚の層が薄いからまわりもサクッとしててすっごく美味しかった!


noriさんのお家では、同僚のhanadaさん、tadikaさん、ブリュッセル支店にお勤めのmizutaniさんにお会いしました。
私が持って行ったシュケットは、意外にもみなさんに好評★
tadikaさんがベトナムカレーを作ってくれるというので、アシスタントに任命された私。
とっても個性の強いtadikaさんに、
「おぬし、おもしろいなー。」
と言われました。えぇ!?何も面白いこと言ってないですよお??(**;
素直に喜べないでいる私です。。。そして謎なままです。

今日のディナー。久々のお米&まともなお食事。
d0027448_3511016.jpg

私のはべっこにヨーグルト&た~っぷりのハチミツを入れたから、
甘くておいしかったです。

途中でharukaちゃんとtomoakiくんが合流。
お二人はピアニスト目指して留学中とのこと。すごく素敵~☆
reoくんといい、この二人といい、ちょっとうらやましい。
私なんてお菓子食べてるだけ・・・??
恥ずかしさと焦りで、何とも言えない複雑な気持ちです。。。

帰りに、mizutaniさんからベルギーみやげのチョコレート、noriさんからも非売品の
ヴァローナのチョコをもらいました(^0^) Merci beaucoup!!
d0027448_8452937.jpg
d0027448_57588.jpg
d0027448_8455229.jpg

[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-06-04 02:09 | フランス留学
2005年 05月 31日   ダウン↓
昨日洗面台の穴から落ちていった大事なピアス(片方)。。。
朝一でお兄さんを呼びに行った。「またか~」というような苦笑い。
でも私は必死なの!!お願い、助けて~~(> <)

。。。。。3分もかからなかった…。無事手元に戻ってきました☆
本当にほんとうによかった!! 

今日も朝から熱が…。昨日より少し高い。休もうかとも思ったけど行くことにしました。
今は大事な未来形、置いてきぼりは困る。。。
授業中、気づけばボーッ…
こりゃあかん、と休憩時間にミッシェルに伝えて帰ることにしました。
小学生の頃から少々熱があっても学校に行っていた私。
でも、結局いつも熱が上がって帰宅していた…。
そんなところは今も変わっていない自分がおかしい。

だって明日はカトリーヌ。何がなんでも休むわけにはいかない!!!
明日のために今日は1日おとなしくしていよう。。。

全力をかけて寝ます。おやすみなさい。。。★
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-05-31 02:37 | フランス留学
2005年 05月 29日   骨董市
今日はおとつい、昨日とはうって変わって涼しく、曇り空。この2日間は夜も暑かったので、朝起きると布団をはいでいる私。そのためか喉が痛くなってしまった。。。風邪の兆候!?マスクをして寝るも、朝起きると頭の下やったりする。。。

yukariさんからお誘いを受けて、11時にオペラ前で待ち合わせて5区の骨董市に。
会ってすぐ、ついさっきメトロで見かけたという超美男子の話を聞く。う、見たかった!!
そういえばこの間、メトロの中で藤井直人をもう少しごつくしたようなフランス人に遭遇。その前には会社の先輩そっくりのフランス人にも会ったばかり。
福山雅治似のフランス人っていないのかしら!?中学1年生の頃に一目惚れして以来、十数年、福山さんが1番だと思っている私。でもそんな人見つけたら、後を追ってどこまでも行ってしまうに違いない…。日本に帰るのが嫌になっても困る…そやからフランス版福山さん、どうか現れないでください。。。などと一人で勝手に葛藤していた私なのです。

骨董市では、かわいい家具やシャンデリアも。でも買えるわけもなく見るだけ。
ディスニーのかわいい絵本を見つけるも30ユーロ…。日本に連れて帰りたかったけど諦めました。。。またアラレちゃんのフランス語版マンガ本を発見!「バイチャ」はそのまま「Bai-cha」やった(笑)
散策途中、なんだかいい匂いが。私のお腹も鳴いています…。
1件の屋台が出ていました。鉄板の上に乗っているお肉や野菜。おじさんがお肉を試食させてくれました。うん、おいしい。ボリュームが結構すごいので、yukariさんと半分こすることに。
d0027448_6581433.jpg

お肉の下にはじゃがいも、玉ねぎ、アンディーブにトマト。
うむ!?最近(と言ってもこの2日)ちゃんとした食事してるやん、私!

実は今日はブローニュの森の中にあるバガテル公園に行く予定やったんです。バラの時期をずっと待っていた私。yukariさんもご一緒することに。
でも。。。私の勘違いで遠いほうのメトロの駅で下車。公園まで3キロくらい。
時刻は17時。天気もあまりよくないし。yukariさんにも悪いし、途中で諦めて、改めて出直すことにしました。もう歩かせちゃったから悪いんやけど…。
今度はお昼くらいから出かけよう。。。また予定を練り直さないと!
[PR]
kiyomi by panna310 | 2005-05-29 06:20 | フランス留学